お知らせ

0年0月の記事

見える法話「極楽浄土AR」

このたび、デザイナーの菊池あかね様と制作プロダクションのBB media様からご協力いただき、AR技術を用いて阿弥陀如来様や内陣の彫刻が動き出す新しい仏具「極楽浄土AR」を開発いたしました。

 

シンプルなケースに入ったiPadを内陣(阿弥陀如来様がご安置されていて極楽浄土をあらわしている場所)にかざすと、阿弥陀如来様が輝きながら浮かび上がったり、飛天が舞ったり、宗祖の親鸞聖人がお念仏を称えながら歩き出したりします。
こんな場所にこんなものがあったのかという発見や、同時に法話をすることでそこに仏教の教えが込められていることも楽しく知ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極楽寺では様々な取り組みを通して、多くの方から親しみを持ってもらえるお寺を目指しています。
私が小千谷に戻って16年経ちますが、今では極楽パンチや消しゴムはんこを通して極楽寺を知ってもらえることができ、ご門徒だけでなく多くの方が寺に関わってくれるようになりました。
そこからたくさんのコミュニケーションが生まれ、次々と新しい展開が生まれるという良い循環が出来上がりつつあります。

 

しかし、もともと寺の重要な要素である法事・仏事に関しては、お越しいただいたご門徒に緊張感を持たせてしまったり義務感を感じさせてしまうような、昔のままの関係性を変えることができずにいました。
なんとかリラックスしていただきたい、身内の死や仏教の教えにじっくり向き合っていただきたいと工夫を重ねるものの、良い成果は得られずにいました。

 

その原因の一つに、法事・仏事がコミュニケーションをとる構造になっておらず、僧侶からご門徒に法話(説教)したり、僧侶が先頭に立ち読経するといった一方通行な関係性の中で成立してきたという歴史があります。
このような関係ですと、特にトラブルもなくスムーズに事は終わるのですが、お互いの思いを共有することができず、場合によっては法事を「こなす」ような感覚になることもありました。

 

 

今回の試みは長年一方的だった関係性を大きく変えるものです。
4月末から実際に法事の場で使い出していますが、わいわいとコミュニケーションが生まれ、今までにない生きた場になっていることを実感しています。会話が生まれることで想いも湧き出てきます。この「想い」を聞くことが寺や僧侶の大切な役割でして、ようやくスタートラインに立てたのかなという思いを持っています。

 

 

この「極楽浄土AR」を、ぜひ皆さんにも体験していただきたいと思います。
特別公開を6月9日(一般向け)と12日(メディア向け)に実施します。
詳しくは「極楽浄土AR」のサイトをご覧ください。

 

 

4/21 花まつり

今年もお釈迦様と親鸞聖人のお誕生をお祝いする「花まつり」をおこないます。

 

今回も工夫されたお斎やマジックショーなど楽しく過ごしていただけます。
また、わいわいとコミュニケーションのとれる新しいご法事用に開発した仏具「極楽浄土AR」のお披露目もありますので、そちらもぜひ楽しみにしていてください。

4月21日(日)極楽寺本堂
10:00 開式・極楽浄土ARお披露目
11:00 お参り
11:30 ご門徒の浅田清さんによるマジックショー
12:00 お斎 cafe & izakaya 凛の関一正さん(ご門徒)による精進料理

鼓童×U-zhaan出演【極楽パンチ2019】

キャンドル×バルーンナイトライブ

極楽パンチ2019 キャンドル×バルーンナイトライブ

〜出演アーティスト〜
鼓童×U-zhaan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜空間演出〜
Hand made candle TAiMU
DAISY BALLOON 細貝里枝

2019年5月18日(土)
18:30〜20:00(18:00open)
極楽本堂(新潟県小千谷市平成2−5−7)

チケット料金 4,000円(未就学児無料)
4月5日(金)19:00より公式サイトにてチケット申し込みを開始いたします。しばらくお待ちください。
公式サイト https://gokuraku-punch.com/2019/

tera yoga sukhāvatī【スカーヴァティー】

「tera yoga sukhāvatī【スカーヴァティー】」参加者募集中

 

sukhāvatī【スカーヴァティー】とは、サンスクリット語で「幸福のあるところ」を意味し、「極楽」と訳されている言葉です。
本堂の神秘的な空間でヨガをして、こころも身体もゆるませましょう。
ヨガの後は住職のやさしい仏教法話の時間もあります。
他では味わえない時間をぜひお楽しみください。

 

スクリーンショット 2018-03-22 14.21.46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tera yoga sukhāvatī【スカーヴァティー】
毎週月曜日 19:00〜20:15(最後にやさしい仏教法話があります)
〜参加費変更しました〜
参加費  1回1,000円(ポイント制になります。1回参加ごとに1ポイント入り、5ポイントで一回無料となります)
*初めての方は初回のみ500円でご参加いただけます。
会場 極楽寺本堂(小千谷市平成2ー5ー7)
講師 石井美穂子(インド政府公認インストラクター)
申し込み 問い合わせフォームより、お名前・住所・連絡先を明記の上お申し込みください。
⭐︎6月予定 3日・10日・17日・24日
⭐︎7月予定 1日(住職不在)・8日(住職不在)・22日・29日
⭐︎8月予定 5日・19日・26日(住職不在)

住職の新刊「気になる仏教語辞典」発売!

新しい本を出版しました!
「気になる仏教語辞典(誠文堂新光社/11月6日発売)」
誠文堂新光社の辞典シリーズの最新刊となります。

 

スクリーンショット 2018-11-08 0.08.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
僕の気になる仏教用語やお坊さんあるあるや、仏教に関わる用語など約600語をイラスト付きで解説しています。
今回は消しゴムはんこではなく(ちょっと消しゴムはんこもありますが)、ゆるいイラストや漫画を描いています。
その他にも、著名な僧侶の方々との対談(オススメ)や、京都ガイドマップなんかもあり、盛り盛りな内容となっています。

 

 

この本のお話をいただいた時、正直なところ仏教学も真宗学も浅い知識しかなく、人様に教えるものなどない自分が辞典なんてとんでもないと思いましたが、出版社の担当さんから「私(30歳女子)にわかるように書いてください」と言われ、この本で仏教に興味をもってもらって、より本格的なお坊さんや仏教書に出会っていただくための橋渡し的な本になればと思い、引き受けることにしました。

 

 

そんなわけで詳しいところは、他の本にお任せすることにして、楽しく読んでいただけるものにはなったのではないかと思います^_^

もう販売も始まっていますので、良かったらポチっとしてくださいね。
https://www.amazon.co.jp/…/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_YABXBb620X…

最後に、この本を作るにあたり、多くの僧侶の皆さんや企業、ライターさんからお世話になりました。本当にありがとうございました。

春のお彼岸について

【ご門徒の皆さまへ】
春のお彼岸参りが3月18日から始まります。

例年通りのペースでお参りさせていただきますが、ご希望のお時間等ありましたら事前に極楽寺までご連絡下さい。

3月17日は桜町方面のお彼岸参りです。こちらも予定通りです。

また、21日には、お中日法要をおつとめいたします。
10時30分からおつとめ、その後住職の法話、お斎となります。

どなた様もお気軽にお参り下さい。

よろしくお願い致します。

10/24 寺ヨガ忘年会のお知らせ

寺ヨガsukhāvatī【スカーヴァティー】の忘年会を開催します。

ヨガで体をリラックスさせた後、先生を囲んで楽しい時間を過ごしましょう。
小千谷の美味しいお菓子屋さん「トコノマ.」のケーキも用意しますよ〜。そのまま宿泊することもできます◎
ぜひご参加ください。

忘年会は申し込み制になります。
お問い合わせフォームからお名前連絡先を明記の上、ご送信ください。

 

スケジュール
19:00 ヨガと法話
20:00くらいから忘年会

会費
ヨガのみ参加 1,000円(初めての方は500円)
忘年会も参加 3,000円(初めてヨガに参加する方は2,500円)

12/2〜12/9 アール・ブリュット展 in 極楽寺 開催!

アール・ブリュット展 in 極楽寺

~宮商和して自然なり~

●日時 2018年12月2日(日)~12月9日(日)10:00~16:00*最終日だけ14:00で終了

●場所 極楽寺本堂(小千谷市平成2ー5ー7)

●入場料 500円*収益はすべて作者に分配されます。

●問い合わせ 極楽寺(0258-82-7622)

●主催 浄土真宗本願寺派 青木山 極楽寺
●後援 岩室あなぐま芸術祭・ぷれジョブおぢや・小千谷市社会福祉協議会

 

 

24899971_1520999954643831_9103091212500173169_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24883597_1520728804670946_8061603804192345668_o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年好評だったアール・ブリュット展を今年も開催することとなりました。

アール・ブリュット(art brut)という言葉は、フランス語で「生の芸術」を意味するものです。障がい者の芸術と思われがちですが、そうではなくてその作品を作りたいという衝動の元に、因習にとらわれないありのままが表現された芸術がアール・ブリュット展です。

 

アール・ブリュット展に出品されている作品はどれもデザインの過程に必ず入る忖度というものがありません。それは「人に見てもらう」「人に評価してもらえる」という視点に立てば、作品として成立していないと感じる人もいるかもしれません。
しかし一方で、自分のありのままを表現するという過程において、この視点は逆に邪魔になるものであり、私のような作り手側にとっては様々な制約の中でいかに自分らしさを出すかが課題であったりするのですが、アール・ブリュットの作品はいとも簡単にそれを飛び越えていて、初めて作品を見たときは衝撃的なほど感動しました。
本当に素晴らしい作品ばかりですので、皆さんにはぜひご覧いただきたいと思っています。

 

今回のサブタイトルの「〜宮商和して自然なり〜」は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人が阿弥陀如来の極楽浄土を讃えるために詠われた和讃の中から抜粋しました。
「宮(きゅう)」と「商(しょう)」は、お経や雅楽で使う音階です。宮と商は西洋の音階の「ド」と「レ」のようなもので、不協和音になる関係の音です。
ところが極楽浄土という世界では不協和音になるはずの関係も、ぶつかり合うことなく絶妙に調和して素晴らしい音楽を奏でるとのことです。

 

今回の作品は、ぜひ「健常者」と「障がい者」という枠をはずしてからご覧いただきたいと思います。障がい者とは健常者と自認している人によって作られた枠にしかすぎません。
枠を脇に置いといて作品をご覧いただければ、その素晴らしさをより一層感じることが出来て、極楽浄土のように調和した感覚が生まれるかもしれません。

 

会期は8日間とたっぷり用意しています。
皆さんのお越しをお待ちしています。

 

11/12報恩講のご案内

秋の報恩講法要のご案内です。
今年も例年通り、11月12日(月)にございます。

親鸞聖人のご命日の法要である報恩講を極楽寺ではこの時期にお勤めしています。

今回の報恩講の法話は住職が担当致します。

ぜひ皆さんお参り下さいますよう、よろしくお願い致します。

▶日程
10:30〜おつとめ
11:00〜法話(住職)
12:00〜お斎

ページトップへ戻る