お知らせ

お知らせの記事

tera yoga sukhāvatī【スカーヴァティー】再開します。

「tera yoga sukhāvatī【スカーヴァティー】」参加者募集中

 

sukhāvatī【スカーヴァティー】とは、サンスクリット語で「幸福のあるところ」を意味し、「極楽」と訳されている言葉です。
本堂の神秘的な空間でヨガをして、こころも身体もゆるませましょう。
ヨガの後は住職のやさしい仏教法話の時間もあります。
他では味わえない時間をぜひお楽しみください。

 

スクリーンショット 2018-03-22 14.21.46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tera yoga sukhāvatī【スカーヴァティー】
毎週月曜日 19:00〜20:15(最後にやさしい仏教法話があります)
〜参加費変更しました〜
参加費  1回1,000円(ポイント制になります。1回参加ごとに1ポイント入り、10ポイントで一回無料となります)
*初めての方は初回のみ500円でご参加いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ポイントカードが新しくなりました!)

 

会場 極楽寺本堂(小千谷市平成2ー5ー7)
講師 石井美穂子(インド政府公認インストラクター)
申し込み 問い合わせフォームより、お名前・住所・連絡先を明記の上お申し込みください。

*7月より再開いたします。
開催日 7月6日・13日・20日・27日

6/20 キャンドルナイト開催します

6月20日(土)に極楽寺本堂で蝋燭作家の馬場一樹氏とともに、キャンドルを灯します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとはこの日に極楽パンチキャンドルナイトライブを開催するつもりで準備を進めていたのですが、新型コロナウイルスの影響もあり告知前に企画自体が消えてしまいました。
しかし、キャンドルだけでもなんとか灯したいという思いから、今回の企画となりました。

 

いつもの極楽パンチキャンドルナイトライブでは本堂を締め切って外からは見えないようになっていますが、今回は本堂の扉もあけて、外からもご覧いただけるようにいたします。
もちろん、本堂内にも入っていただき、幻想的な空間をお楽しみいただくことも出来ます。

 

19時からは、中越地震の被災者追悼、ならびに新型コロナウイルスに感染して亡くなられた皆さんの追悼のお参りと、少しご挨拶させていただけたらと思います。

 

入場無料となりますので、夜のお散歩がてら、ふらっと寄っていただけたら幸いです。

 

〜詳細〜
時間:6月20日(土)17時30分頃〜20時頃まで
場所:小千谷市平成2-5-7(入場無料)

*本堂内は混雑しないよう、入場を制限して、少しお待ちいただく場合があります。
*本堂の入り口に消毒液を用意しておりますので、消毒後に本堂へお入りください。
*マスク着用のうえご来場ください。
*当日は本堂の扉と窓は開けて風通しの良い状態にしておきますが、お互いの距離など気を付け合ってキャンドルをご覧ください。

 

〜西脇邸でもキャンドルを灯します!〜
翌日の21日(日)は、小千谷市の西脇邸でもキャンドルを灯します。
そちらもぜひご覧ください。

オーダーメイド消しゴムはんこを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このたび消しゴムはんこのオーダーメイドを開始することとなりました。
ちょっとしたワンポイントの可愛いはんこから、名刺・住所印などの制作を承ります。
襖絵などの大きな作品・カレンダー等の挿絵の制作も承りますので、お気軽にご相談ください。

こんな時期だからこそホッとする温かみのある消しゴムはんこをご活用ください。
ご希望の方は以下をご覧いただきお申し込みください。

 

〜オーダーまでの流れ〜
1、極楽寺ウェブサイトの問い合わせフォームより、御連絡先・希望のはんこを記入の上お申し込みください。
2、確認後、こちらからご連絡いたします。ご希望の確認をさせていただきます。
3、内容が決まり次第、お見積りいたします。
4、ラフをメールにてお送りします。確認後、消しゴムはんこの制作に入ります。
5、完成後、お送りいたします。
*サンプル画像は後ほどアップいたします。
*送料は別途頂戴します。
*混雑状況により完成までお時間をいただく場合がございます。

 

〜料金〜
【消しゴムはんこ制作】
・5cm×5cm以内 一個500円〜
・10cm×10cm以内 一個2,000円〜
・ハガキ大 一個5,000円〜
・住所印・名刺等 一個5,000円〜
−制作例−

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【消しゴムはんこを押した作品】*料金は要相談
・色紙など
・冊子やカレンダーなどの挿絵制作
・襖絵などの大型の作品
−制作例−

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極楽寺花まつり中止のお知らせとお花のプレゼントのお知らせ

4月19日(日)に開催を予定していました「極楽寺花まつり」ですが、市内にコロナウイルスに感染された方が確認されたため、協議した結果、今回は中止させていただくこととなりました。

 

どうにか開催できないか探っていましたが、このような結論になり、楽しみにされていた方やイベントにご協力いただいた皆様にご迷惑をおかけすることになりました。
大変申し訳ありません。

 

今回は中止となりましたが、状況が落ち着きましたら同等の規模の法要とイベントを実施したいと思っています。
どうぞお楽しみに。

 

極楽寺の花まつりは中止になりましたが、ご門徒さんにお送りしてた「ごくらくじだより」にくっついている花まつり用の無料飲食券をFlower shop B・Blancさんに持っていくと、こんな感じのお花をプレゼントします!という企画を始めました🌸

 

 

無料飲食券は2枚ありますので、1枚は自分用、もう一枚はご友人やご近所さんへのおすそ分けに使ってください。
笑顔の花を咲かせましょうかという企画です😊

 

 

SNSをご覧のご門徒の皆さま、ぜひご利用ください🌷
各ご家庭にもご案内を送付しました。

文化庁メディア芸術祭で受賞しました

【ご報告】

極楽寺のご法事で使用している「極楽浄土AR」が文化庁メディア芸術祭のエンターテイメント部門で、審査員会推薦作品に選ばれました。

 

地方の一寺院の活動がこのような場で認められることは今までなかったのではないでしょうか。

 

このプロジェクトに関わってくださった皆様に改めて感謝いたします。

 

ありがとうございました。

 

文化庁メディア芸術祭
https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/

極楽浄土AR
https://techpla.com/products/gokurakujodo_ar/

コンセプト・クリエイティブディレクション
菊地あかね
http://akanek.jp

制作
BB media
https://www.bbmedia.co.jp

墨絵
谷村紀明
http://sumoguri.jp

仏具デザイン
大村卓
https://www.oodesign.jp/

監修
麻田弘潤
https://gokurakuji.info

住職の新刊「気になる仏教語辞典」発売!

新しい本を出版しました!
「気になる仏教語辞典(誠文堂新光社/11月6日発売)」
誠文堂新光社の辞典シリーズの最新刊となります。

 

スクリーンショット 2018-11-08 0.08.11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
僕の気になる仏教用語やお坊さんあるあるや、仏教に関わる用語など約600語をイラスト付きで解説しています。
今回は消しゴムはんこではなく(ちょっと消しゴムはんこもありますが)、ゆるいイラストや漫画を描いています。
その他にも、著名な僧侶の方々との対談(オススメ)や、京都ガイドマップなんかもあり、盛り盛りな内容となっています。

 

 

この本のお話をいただいた時、正直なところ仏教学も真宗学も浅い知識しかなく、人様に教えるものなどない自分が辞典なんてとんでもないと思いましたが、出版社の担当さんから「私(30歳女子)にわかるように書いてください」と言われ、この本で仏教に興味をもってもらって、より本格的なお坊さんや仏教書に出会っていただくための橋渡し的な本になればと思い、引き受けることにしました。

 

 

そんなわけで詳しいところは、他の本にお任せすることにして、楽しく読んでいただけるものにはなったのではないかと思います^_^

もう販売も始まっていますので、良かったらポチっとしてくださいね。
https://www.amazon.co.jp/…/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_YABXBb620X…

最後に、この本を作るにあたり、多くの僧侶の皆さんや企業、ライターさんからお世話になりました。本当にありがとうございました。

4/19 極楽寺はなまつり開催

4月19日(日)に極楽寺においてお釈迦様のお誕生をお祝いする「極楽寺はなまつり」を開催します。

 

今年は法要の他に境内地で「極楽寺商店」もひらき、飲食や物販、楽しいワークショップも用意して皆さんに楽しんでいただけるように企画しています。
法要自体もみなさんからご参加いただけるような内容を考えています。
本堂内では誕生仏に甘茶をかけてお参りできたり、甘茶や花茶の無料の振る舞いも用意しています。
また関西から蓮聲会の皆さんからお越しいただき、雅楽演奏会も企画しています。

 

自粛ムードの中、外出する機会も限られていますが、アルコール消毒などの対策をとりながら、みなさんで開放的な気持ちになっていただけたらと思っています。

 

みなさんのご来場をお待ちしています!

 

〜タイムスケジュール〜
10:00 開式・あいさつ
10:30 お釈迦さまという人はなんでこんなにも言い伝えられているのかと考えてみた(話:住職)
11:00 花まつり法要(雅楽の音色に合わせて散華しながら本堂に入ります)
12:00 極楽浄土AR体験
(文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品に選ばれた極楽浄土ARを体験できます)
12:30 外では二胡愛好家の演奏が始まっています
13:00 雅楽演奏会
(浄土真宗蓮聲会の演奏です。住職の同期が中心のメンバーで素晴らしい演奏をされます)
14:00 前住職の優しい法話会(話:前住職)
15:00 終了

 

〜極楽寺商店〜
−飲食−
喜久鮨:ちらし寿司
テリマカリー:カレー
カミノ・レアル:メキシコ料理
Levele21:まぜそば
8blanks cafe:コーヒー

 

−物販−
B・blanc:お花
角幸:健康食品
パンドアン:天然酵母パン
ゆうゆう堂:ブックカフェ
はやかわ:古道具

 

−ワークショップ−
花かんむり作り
紺仁:染色
着付け:和服着付け体験
かぐや:竹あかり作り
Hand made candle TAiMU:OHANA candle WORKSHOP
二胡体験・演奏
Rebo:写真

 

−その他−
ぷれジョブおぢや:わたあめ
木の歌:アルンコンシャス
ゆらら式足つぼ:足つぼ
お坊さんカフェ

見える法話「極楽浄土AR」

このたび、デザイナーの菊池あかね様と制作プロダクションのBB media様からご協力いただき、AR技術を用いて阿弥陀如来様や内陣の彫刻が動き出す新しい仏具「極楽浄土AR」を開発いたしました。

 

シンプルなケースに入ったiPadを内陣(阿弥陀如来様がご安置されていて極楽浄土をあらわしている場所)にかざすと、阿弥陀如来様が輝きながら浮かび上がったり、飛天が舞ったり、宗祖の親鸞聖人がお念仏を称えながら歩き出したりします。
こんな場所にこんなものがあったのかという発見や、同時に法話をすることでそこに仏教の教えが込められていることも楽しく知ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極楽寺では様々な取り組みを通して、多くの方から親しみを持ってもらえるお寺を目指しています。
私が小千谷に戻って16年経ちますが、今では極楽パンチや消しゴムはんこを通して極楽寺を知ってもらえることができ、ご門徒だけでなく多くの方が寺に関わってくれるようになりました。
そこからたくさんのコミュニケーションが生まれ、次々と新しい展開が生まれるという良い循環が出来上がりつつあります。

 

しかし、もともと寺の重要な要素である法事・仏事に関しては、お越しいただいたご門徒に緊張感を持たせてしまったり義務感を感じさせてしまうような、昔のままの関係性を変えることができずにいました。
なんとかリラックスしていただきたい、身内の死や仏教の教えにじっくり向き合っていただきたいと工夫を重ねるものの、良い成果は得られずにいました。

 

その原因の一つに、法事・仏事がコミュニケーションをとる構造になっておらず、僧侶からご門徒に法話(説教)したり、僧侶が先頭に立ち読経するといった一方通行な関係性の中で成立してきたという歴史があります。
このような関係ですと、特にトラブルもなくスムーズに事は終わるのですが、お互いの思いを共有することができず、場合によっては法事を「こなす」ような感覚になることもありました。

 

 

今回の試みは長年一方的だった関係性を大きく変えるものです。
4月末から実際に法事の場で使い出していますが、わいわいとコミュニケーションが生まれ、今までにない生きた場になっていることを実感しています。会話が生まれることで想いも湧き出てきます。この「想い」を聞くことが寺や僧侶の大切な役割でして、ようやくスタートラインに立てたのかなという思いを持っています。

 

 

この「極楽浄土AR」を、ぜひ皆さんにも体験していただきたいと思います。
特別公開を6月9日(一般向け)と12日(メディア向け)に実施します。
詳しくは「極楽浄土AR」のサイトをご覧ください。

 

 

本堂を開放します

本日(3日)で小千谷市内の学校が休校になります。
それに合わせて3月4日より本堂および境内地を開放します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開放日:3月4日(水)、5日(木)、6日(金)、9日(月)、10日(火)、11日(水)、12日(木)、13日(金)、23日(月)、24日(火)、25日(水)、26日(木)、27日(金)、30日(月)、31日(火)
時間:8時30分~17時00分

*お彼岸中の開放時間
16日(月)9時00分〜15時00分
17日(火)9時00分〜12時00分
18日(水)9時00分〜15時00分
19日(木)9時00分〜12時00分
お彼岸中は住職不在のため、職員が対応します。

 

<用途>
・気分転換に。
・子ども達の勉強の場所として。
・ゆっくりゴロゴロしたり、遊んだり。
・お子さんを遊ばせながら、仕事をやりたい方。
・買い物等の所用の間のお子さんの預け場所として。

 

<設備>
・エアコン、ストーブ
・換気扇
・Wi-Fi
・スクリーン・プロジェクター
・ウォーターサーバー
・お茶とコーヒー
・トイレ
・台所

 

<その他>
・住職が本堂にいるようにします。
・本堂の前は舗装されていますが、チョークでお絵描きができます。
・住職と話ができます。鬱憤ばらしにどうぞ。
・たまに楽しいワークショップもやろうかと思います。
・状況によってやり方は変えていきます。

 

<申し込み>
・電話(0258-82-7622)or 問い合わせフォームからお申し込みください。
・定員は15名です。混み合わない程度にしました。
・お昼が必要な方はお弁当などご用意ください。
・マスクや消毒液などは各自でご用意ください。

春のお彼岸について

【ご門徒の皆さまへ】
春のお彼岸参りが3月17日から始まります。

例年通りのペースでお参りさせていただきますが、ご希望のお時間等ありましたら事前に極楽寺までご連絡下さい。

3月16日は桜町方面のお彼岸参りです。こちらも予定通りです。

また、20日には、お中日法要をおつとめいたします。
10時30分からおつとめ、その後住職の法話、お斎となります。

どなた様もお気軽にお参り下さい。

よろしくお願い致します。

ページトップへ戻る