お知らせ

ご門徒連絡の記事

秋のお彼岸について

【ご門徒の皆さまへ】
秋のお彼岸参りが9月20日から始まります。

例年通りのペースでお参りさせていただきますが、ご希望のお時間等ありましたら事前に極楽寺までご連絡下さい。

また、22日には、お中日法要をおつとめいたします。
10時30分からおつとめがあり、法話、お斎となります。

どなた様もお気軽にお参り下さい。

よろしくお願い致します。

極楽寺日帰り旅行のご案内

スクリーンショット 2017-09-19 14.53.14

毎年恒例の極楽寺日帰り旅行のご案内です。
今年は10月22日(日)に開催いたします。

 

 

行き先は十日町市にあるベルナティオです。
温泉と美味しい料理でゆっくりと懇親を深めたいと思います。

どなたでもご参加でき ますのでお誘い合わせの上ご参加ください。
たくさんのお申し込み をお待ちしています。

 

 

〜日程 〜
9:00 極楽寺集合・日程説明
本堂参拝と極楽寺の歴史の話

 
10:00 出発

 
11:00 あてま高原リゾートベルナティオ着
入浴など自由時間

 
12:00 宴会 *椅子席となります

 
15:00 出発 *途中クロステンにて休憩

 
16:30 極楽寺着 ・解散

 
・参加費:お一人様3,000円
・定員:35名
・申し込み:10月10日までに極楽寺 まで ご連絡ください。

秋の清掃奉仕のお知らせ

<ご門徒の皆様へ>

秋の草取り清掃奉仕が9月6日(金)6:00〜7:00の間に行われます。
ぜひご参加ください。

よろしくお願いいたします。

お盆参りについて

<ご門徒の皆様へ>

暑い日が続いています。いかがお過ごしでしょうか?

今年も早いもので、もうお盆の時期となりました。

例年通りお盆参りをさせていただきます。

ご希望の時間等がありましたら、あらかじめ極楽寺までご連絡ください。

 

また13日は大勢の方がお参りにいらっしゃいます。お車でお越しの方は十分に気をつけて境内にお入りください。

本堂にお土産用の消しゴムはんこがあります。お好きなはんこをお持ち帰りください。

8/1 盆参永代経法要のお知らせ

19905058_1385451251532036_9143314471260071569_n

8月1日(土)10:00から、例年通り盆参永代経法要をお勤め致します。
ご家族皆さんでお参り下さい。
永代経法要にお参りされる皆さんは、どなたも亡き人を偲んでお参りされます。日常なかなかいのちについて考える機会は少ないと思いますが、この法要をそのようなご縁にしていただければと思います。

今年の法話の時間【いのちのつどい】は中学校で性教育をしているお坊さんの古川潤哉さんにお越しいただくことになりました。

私たち人間は、生死であったり性の問題は私から切り離すことは出来ません。それでありながら生や性、死というものは、「〜とはこういうものだ」という定義付けがされているだけで、実ははっきりしないものだったりします。
生や死はどの時点でそう言えるのか?あるのか無いのか?性は見た目で決まるのか?役割が決まってるのか?
そんなことを考える機会になるのではないかと思います。

ぜひご家族皆さんでお参り下さい。

▶日時:8月1日10時~

▶法話:古川潤哉さん(佐賀県伊万里市 浄土真宗本願寺派 浄誓寺 僧侶)

▶お斎:12時~

▶おつとめ:正信偈

講師プロフィールはこちら

7/22 清掃奉仕・生ビール大会のお知らせ

スクリーンショット 2014-07-24 10.51.05

7月22日(土)に毎年恒例の清掃奉仕と生ビール大会がおこなわれます。

本堂と納骨堂の掃除や仏具のお磨き、境内地の草取りなどを15:00からおこない、一汗かいたあとに16:30から境内で生ビール大会があります。

参加費は1,000円です。

大掃除で本堂をすっきり、生ビールで気持ちもすっきりさせて、気持ちよく盆参永代経法要を迎えましょう!

春の清掃奉仕のお知らせ

<ご門徒の皆様へ>

春の草取り清掃奉仕が5月27日(金)5:30〜7:00の間に行われます。
ぜひご参加ください。

よろしくお願いいたします。

4/15御取越報恩講法要のお知らせ

スクリーンショット 2015-07-17 16.28.29

4月15日(土)は、親鸞聖人のご命日の法要である「御取越報恩講法要」がお勤めされます。
親鸞聖人は今から約850年前の1173年にお生まれになりました。
9歳で得度され比叡山に入り修行したのち、29歳の時に山を降りられ、 法然上人のもとで、お念仏の教えについて学ばれました。
以来、越後・関東など各地で教えを 広められ、90年の生涯を終えるまでお念仏とともに生きられたのでした。
その当時の仏教は貴族や比叡山の僧など、一部の特権階級が独占するものでした。
しかし、親鸞聖人は阿弥陀如来の救いは、あらゆる人々が対象であり、誰もが平等に救われて いくことを明らかにして、
当時特権階級の人々から差別 されていた民衆を解放したのでした。

 

親鸞聖人の生き方は、格差や差別の無くなることの ない現代社会にも光を与えるものだと思います。
私たちは普段忙しくして、自分自身のことを考える時間 は少ないですが、
御取越にお参りしてゆっくり自分を 見つめる機会としていただけたらと思います。
どなたでもお参りできますので、ぜひご参拝下さい。

 

(御取越日程 )
10:00〜法話
10:30〜雅楽演奏会
10:45〜法要
休憩
11:30〜法話
12:00〜お斎

春のお彼岸について

【ご門徒の皆さまへ】
春のお彼岸参りが3月17日から始まります。

例年通りのペースでお参りさせていただきますが、ご希望のお時間等ありましたら事前に極楽寺までご連絡下さい。

 

3月16日は桜町方面のお彼岸参りです。こちらも予定通りです。

 

また、20日には、お中日法要をおつとめいたします。
10時30分からおつとめ、その後住職の法話、お斎となります。

どなた様もお気軽にお参り下さい。

 

よろしくお願い致します。

極楽寺第17代坊守 葬儀の報告

極楽寺第17代坊守麻田和子(法名  釋和憲)、腎不全により12年間に渡る人工透析の治療を受けてまいりましたが、去る11月30日に享年90歳で往生し、12月7日極楽寺門信徒葬を行いました。

 

振り返れば、戦中戦後の厳しい時代を、坊守(住職の妻)として極楽寺を護持してきた生涯でした。それもすべて門信徒の皆様、ご近所・友人等のご縁ある皆様に支えていただいたお蔭と、あらためて皆様に厚く御礼申しあげ、ご報告とさせていただきます。

 

極楽寺第18代住職  麻田秀潤

123

ページトップへ戻る