お知らせ

0年0月の記事

7/31 〜公開講座のお知らせ〜 お坊さんが中学校で性教育!? 「生と性と死を考える」

10

〜公開講座のお知らせ〜
お坊さんが中学校で性教育!?
「生と性と死を考える」

日時 7月31日(月)19時〜20時30分
会場 極楽寺本堂(小千谷市平成2-5-7)
講師 古川潤哉さん
会費 500円*どなたでもご参加いただけます。
申込 極楽寺のウェブサイトの問い合わせフォームからお申し込みください。

 

 

中学校で性教育をしているお坊さんが極楽寺にやってきます。
生や性、死というものは、「〜とはこういうものだ」という定義付けがされているから、皆んながそう思っているだけで、実ははっきりしないものだったりします。
生や死はどの時点でそう言えるのか?あるのか無いのか?性は見た目で決まるのか?役割が決まってるのか?
そんなことを考える機会になるのではないかと思います。
かなりオススメの講座です。
どうぞご参加ください。

 

 

<講師プロフィール>

19905058_1385451251532036_9143314471260071569_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1976年生まれ 龍谷大学文学部真宗学科卒
佐賀県 伊万里市 浄土真宗本願寺派 浄誓寺 僧侶

浄土真宗本願寺派 子ども・若者ご縁づくり推進委員
日本思春期学会 理事
日本エイズ学会 会員
医療法人光仁会 西田病院 倫理委員/緩和ケアボランティア副代表
AIDS文化フォーラムin佐賀 運営委員

ホスピス、緩和ケアへの関わりからHIV.AIDSの支援、セクシュアリティ、
望まない妊娠や中絶など若者の性の悩みに関わるようになり、「生と性と死」
「思春期の生きづらさ」をテーマに中学、高校での性教育などに取り組む。

7/24~27 朝の消しゴム写仏と法話会

スクリーンショット 2014-08-29 14.17.39

7月24日(月)から27日(木)までの毎朝6時〜7時の間、

本堂でお参りと法話、そして消しゴムはんこで仏さまの顔を彫る「消しゴム写仏」を行います。

お仕事前に仏前で自分を見つめる時間を過ごすのはいかがでしょうか?

参加費無料*どなたでもご参加いただけます。

7/24 暑中見舞いに使える!消しゴムはんこワークショップ

彼岸寺バナー2

消しゴムはんこワークショップ
〜暑中見舞いはんこを作ります〜

 

7月24日(月)会場 極楽寺
1回目10:00〜12:00
2回目13:30〜15:30
3回目19:00〜21:00
参加費 1000円 *どなたでもご参加出来ます。
持ち物 手ぶらでどうぞ。

 

「なんで自分のところでやらないの」と言われ続けていましたが、今回ついに消しゴムはんこワークショップを開催することになりました。
各回とも少人数のワークショップで、彫り方押し方の基本を2時間使ってゆっくりお伝えします。
参加ご希望の方は極楽寺ウェブサイトのお問合せフォームから、希望時間、お名前・年齢・連絡先をご明記のうえ、お申し込みください。

みなさんのご参加お待ちしています。

7/22 清掃奉仕・生ビール大会のお知らせ

スクリーンショット 2014-07-24 10.51.05

7月22日(土)に毎年恒例の清掃奉仕と生ビール大会がおこなわれます。

本堂と納骨堂の掃除や仏具のお磨き、境内地の草取りなどを15:00からおこない、一汗かいたあとに16:30から境内で生ビール大会があります。

参加費は1,000円です。

大掃除で本堂をすっきり、生ビールで気持ちもすっきりさせて、気持ちよく盆参永代経法要を迎えましょう!

5/23おぢやんしょの仏教話

horisawa1

『おぢやんしょの仏教話』
”おぢやに縁のある仏教者のいのちのトーク”

 

日時:2017年5月23日(火)18:30〜21:00
場所:極楽寺本堂(小千谷市平成2ー5ー7)
参加費:1,000円
定員30名(おぢやんしょも、よそんしょも、どなたでもご参加いただけます)

 

【出演者】
堀澤祖門(おぢや出身・京都大原 三千院門主)

horisawa1

 

 

 

 

 

 

 

麻田弘潤(おぢやんしょ・極楽寺住職)

麻田写真

 

 

 

 

 

 

 

 

小出遥子(母がおぢやんしょ・Temple主宰/編集者・文筆家)

14590474_1763635343885884_8616181510824069468_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*おぢやんしょとは「小千谷の人」と言う意味です。

小千谷市とその周辺地域にお住まいの方々に、「いまここを生きるヒント」としての仏教に触れていただく、そのきっかけづくりのイベントです。
小千谷にゆかりのある3名の仏教者の立場を超えたざっくばらんな座談会にプラスして、参加者同士の対話の時間を設けます。参加者ひとりひとりが主役となって、あくまで「自分事」として、積極的に仏の教えに触れていく……。そんな立体的な場を目指します。
今回は、京都にある三千院の門主をされている堀澤祖門さんと、Temple主催で編集者・文筆家の小出遥子さんをお招きして、お話させていただきます。
これまでのお寺にはなかった新たな取り組みです。生きている今だからこそ感じていただきたい「いのち」のトークをお楽しみください。
皆さん、ぜひご参加下さい。

 

【主催】浄土真宗本願寺派 極楽寺(http://gokurakuji.info)
Temple(http://temple-web.net)

【お申し込み】極楽寺ウェブサイトの問い合わせフォームから、お名前・住所・電話番号・参加人数を明記の上、お申し込みください。

【スケジュール】
18:00 開場
18:30 オープニングトーク
18:40 堀澤氏、小出氏、麻田による仏教対談
テーマ:”なにものでもないいのち”のお話
19:40 休憩
19:50 対話の時間
20:50 クロージングトーク
21:00 終了

 

【プロフィール】

〜堀澤祖門(ほりさわ・そもん)〜
1929年生まれ。新潟県小千谷市出身。
三千院門跡第六十二世門主。
京都大学経済学部在学中に比叡山に上がり、千日回峰行を満行した故叡南祖賢大阿闍梨の下で得度受戒。
「十二年籠山行」を戦後初めて達成。
インドの日本山妙法寺や臨済宗の大徳寺で学ぶなど宗派を超えて交流し、在家者の指導にも尽力。
2000年から天台宗僧侶を養成する叡山学院長、02年、天台座主への登竜門「戸津説法」の説法師を務める。2013年、12月、三千院門主に就任。
著書に、『君は仏 私も仏』(恒文社)、『求道遍歴』(法藏館)などがある

〜小出遥子(こいで・ようこ)〜
1984年生まれ。新潟県出身。早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業。編集プロダクション、
美術系専門図書館勤務を経て、現在はフリーランスの編集者・文筆家として、仏教系テキストを中心とした編集・執筆活動を行っている。
いのちからはじまる対話の場「Temple」主宰。http://temple-web.net/

 

 

4/15御取越報恩講法要のお知らせ

スクリーンショット 2015-07-17 16.28.29

4月15日(土)は、親鸞聖人のご命日の法要である「御取越報恩講法要」がお勤めされます。
親鸞聖人は今から約850年前の1173年にお生まれになりました。
9歳で得度され比叡山に入り修行したのち、29歳の時に山を降りられ、 法然上人のもとで、お念仏の教えについて学ばれました。
以来、越後・関東など各地で教えを 広められ、90年の生涯を終えるまでお念仏とともに生きられたのでした。
その当時の仏教は貴族や比叡山の僧など、一部の特権階級が独占するものでした。
しかし、親鸞聖人は阿弥陀如来の救いは、あらゆる人々が対象であり、誰もが平等に救われて いくことを明らかにして、
当時特権階級の人々から差別 されていた民衆を解放したのでした。

 

親鸞聖人の生き方は、格差や差別の無くなることの ない現代社会にも光を与えるものだと思います。
私たちは普段忙しくして、自分自身のことを考える時間 は少ないですが、
御取越にお参りしてゆっくり自分を 見つめる機会としていただけたらと思います。
どなたでもお参りできますので、ぜひご参拝下さい。

 

(御取越日程 )
10:00〜法話
10:30〜雅楽演奏会
10:45〜法要
休憩
11:30〜法話
12:00〜お斎

春のお彼岸について

【ご門徒の皆さまへ】
春のお彼岸参りが3月17日から始まります。

例年通りのペースでお参りさせていただきますが、ご希望のお時間等ありましたら事前に極楽寺までご連絡下さい。

 

3月16日は桜町方面のお彼岸参りです。こちらも予定通りです。

 

また、20日には、お中日法要をおつとめいたします。
10時30分からおつとめ、その後住職の法話、お斎となります。

どなた様もお気軽にお参り下さい。

 

よろしくお願い致します。

4/23 U-zhaan出演【極楽音楽堂〜お寺でインド音楽〜】

スクリーンショット 2017-02-22 12.57.46

【極楽音楽堂〜お寺でインド音楽〜】

 

2017年4月23日(日)19:00〜20:30(open17:30)


▶会場
極楽寺本堂(小千谷市平成2ー5ー7)

▶出演者
U-zhaan(タブラ)
新井孝弘(サントゥール)

▶Food
アロイ

▶入場料 前売り2,500円 当日3,000円 *1ドリンク付

 

 

本堂で素敵な音楽を聴いていただけるお寺の音楽会です。
3月のやなせななさんに続き、4月も開催しちゃいます。
今回は極楽パンチになくてはならない存在のU-zhaanが、サントゥール奏者の新井孝弘さんと一緒に演奏してくれます。
前回のお寺でインド音楽に引き続き、今回も素晴らしい時間になること間違いなしです。
当日は3日前の20日にインドから帰国予定のアロイの出店もあります。多分ちゃんと帰ってくると思うので、ぜひお腹を空かせてお越しください。

 

 

*申し込みは、極楽寺ウェブサイトの問い合わせフォームより、お名前・電話番号・必要枚数を明記の上お申し込みください。

スクリーンショット 2017-02-22 12.57.46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

U-zhaan(ユザーン)
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等を自らのサイトから配信リリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリースした。15年、Ryuichi Sakamoto + U-zhaanとして「Tibetan Dance / Asience」を7inchレコードで発表。16年には映画『マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』の音楽をU-zhaan + Shuta Hasunumaで担当し、ボーカルにタモリをフィーチャリングした主題歌が話題となった。17年、蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』をリリース。
http://u-zhaan.com

スクリーンショット 2017-02-22 12.57.59

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新井孝弘
1979年生まれ。ドラマーとしての活動を経たのち、 05年より宮下節雄氏にサントゥールを師事。07年よりインドに渡り、世界最高のサントゥール奏者Pt.Shivkumar Sharma氏に師事。
09年にインド国内で公式にデビューし、 コンサート活動を開始。16年にはVasantrao Deshpande Sangeet Samaroh(Nagpur)、Vishnu Digambar Jayanti(Delhi)、Sawai Gandharva Bhimsen Mahotsav(Pune) など、非常に長い歴史を持つ、インド国内有数のインド古典音楽祭に出演。他にもムンバイ・ボパール・チェンナイなどインド各地で多数の公演を行い、12年にはインドの著名な声楽家Pt.JasrajよりCross Cultural Understanding Awardを授与された。14年、Tina Turnerらによるアルバム「Love Within」に参加。現在もムンバイに在住している。

3/24 やなせななさん出演【極楽音楽堂〜お寺の音楽会〜】

極楽音楽堂

 

スクリーンショット 2017-02-08 14.40.22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月24日(金)19:00〜20:30
▶会場
極楽寺本堂(小千谷市平成2ー5ー7)

 

▶出演者
やなせなな
大山りほ(ピアノ)

 

▶入場料 1,500円

 

本堂で素敵な音楽を聴いていただけるお寺の音楽会です。
今回は奈良に住むお坊さん、やなせななさんをお呼びしました。
ぽかぽか暖かい本堂でどうぞゆったりとお過ごしください。

 

*申し込みは、極楽寺ウェブサイトの問い合わせフォームより、
お名前・電話番号・必要枚数を明記の上お申し込みください。http://gokurakuji.info/contact

 

▶プロフィール
やなせなな(シンガーソングライター)

やなせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
1975年 奈良県の寺院に生まれる。
2004年5月 シングル『帰ろう。』で
デビュー。
これまでに5枚のシングルと5枚のアルバムを発売。CMソングやゲームのテーマソング、劇中歌などに起用される。その一方で、YAMAHA『音遊人』エッセイ連載、ラジオのレギュラー番組DJ、仏教講座講師など多彩な活動を展開。

30歳で子宮体ガンを克服した経験と、寺院に暮らす僧侶という視点を生かし、いのちの尊さを訴える歌を数多く制作。慈しみに満ちた唯一無二の世界観、美しいメロディ、包容力のある歌声が持ち味で、年代・性別を超えた幅広い層から確かな支持を獲得している。また、涙あり笑いありの巧みなトークと、胸を打つライブパフォーマンスが話題となり、全国47都道府県・およそ500ヶ所での公演において成功を収めた実績を持つ。

地道な活動が注目され、2011年3月には日本テレビNNNドキュメント’11「歌う尼さん~がん闘病から奏でる命」として、2012年9月にはNHK Eテレ「グランジュテ」にて全国に放映され、大きな反響を呼んだ。
母校龍谷大学校友会からは、活躍を期待される卒業生に贈られる龍谷奨励賞が授与されている。

ニューアルバム『夜が明けるよ』に収録されている「手向け花」は、小千谷市片貝の片貝花火をモチーフにしている。
http://www.yanasenana.net/

ページトップへ戻る