お知らせ

2015年12月の記事

極楽寺第17代坊守 葬儀の報告

極楽寺第17代坊守麻田和子(法名  釋和憲)、腎不全により12年間に渡る人工透析の治療を受けてまいりましたが、去る11月30日に享年90歳で往生し、12月7日極楽寺門信徒葬を行いました。

 

振り返れば、戦中戦後の厳しい時代を、坊守(住職の妻)として極楽寺を護持してきた生涯でした。それもすべて門信徒の皆様、ご近所・友人等のご縁ある皆様に支えていただいたお蔭と、あらためて皆様に厚く御礼申しあげ、ご報告とさせていただきます。

 

極楽寺第18代住職  麻田秀潤

ページトップへ戻る