坊主ブログ

"2015年07月"の記事

清掃奉仕・生ビール大会にご参加いただきありがとうございました

7月25日に毎年恒例の清掃奉仕・生ビール大会が開催されました。

炎天下にもかかわらず、今年も30名以上の方からご参加いただき、みんなでワイワイと楽しく過ごすことができました。

この企画が始まってすでに10年が経ちますが、こうやって今も変わらずに大勢の方からご参加いただけるのは本当に嬉しいです。若い方からもご参加いただき、まだまだ継続できそうだなぁーと励まされました。

最高齢は91歳の方で、真鍮の仏具を「ふうふう」と言いながら、一生懸命磨いてくださいました。大切に使いたいと思います。

さて、8月1日は盆参永代経法要です。1年で一番お参りがある法要となります。ぜひみなさんでお参り下さい。よろしくお願いします。

平和について

ここ数日、平和や原発について学ぶ機会が増えています。

学べば学ぶほどに今までに無関心さや、勉強不足を感じてしまいます。

これを機会に継続的に学びたいと思います。

Facebookに投稿したこと

こんなことをつぶやいてみました。
皆さんのご意見はいかがでしょうか?

 

 

 

 

以前、法事のお斎で隣の席にいた93歳のお爺さんから聞いた話。
特攻隊で生き残った人で、出撃したまま、わざと無人島に不時着して終戦まで隠れていた人がいたんだという話を聞いた。
「無人島ですか!」とビックリしてると、「けっこういたんだよ。そういう人」と教えてくれた。

 

戦争になると生きてはいけない人が作られ、そこから離れるには、人の手の届かないところに隠れないといけない。

 

人は生きる権利が与えられているのに、大義や美談のもとにそれが奪われてしまうところが恐ろしいなと思った。

 

原発もそうだなと思う。色々なことが回らなくなるといって、勝手に基準を上げてみたり、福島に帰らない限りはお金をやらないみたいなことを言ってみたりと、被害者の生活を引っ掻き回し続けてる。

 

特攻隊の時代から原発事故の現在にいたるまで人の生きる権利は大切に扱われてない。

 

だから、新しい法案は恐ろしい。政治家が人の命を大切にしないことは目に見えているから。

 

人の命を大切にしない人達にとって不自由な憲法や法律であり続けますように。

東京でお盆参り中です

現在、東京を中心に関東にお住まいのご門徒さんのお宅を1週間かけてお参りに回っています。
なんと1週間もの間泊まり込みです。
電車を乗り継ぎながら、1日3〜4件のお宅をお参りさせていただいています。
1年に一回のご縁ですが、そんなに空いた感じがしないくらい、親しくさせていただいています。

皆さん、極楽寺からの活動報告などをチェックしていただいているようで、いつも「ごくらくじだより」の感想などをお話しいただいたり、私の活動について語り合ったりと、寺報のおかげでスムーズにコミュニケーションがとれることが多いです。

関東に行くといつも励まされます。
ありがとうございます。

ページトップへ戻る