坊主ブログ

春彼岸が終わりました

春彼岸の季節になると、雪も少なくなり暖かくなってきます。
暖かくなると増えてくるのが花粉症です。

雪深い小千谷市ではちょうどお彼岸の頃が花粉のピークになるようで、住職も当院も毎年グズグズしながらお参りに回っています。

小千谷市ではお盆のお参りと同じように、お彼岸も一件一件ご門徒さんのお宅をお参りさせていただくのですが、市外に出るとそんな習慣もなく、全国的にも珍しい習慣のようです。

さらに、同じ小千谷市でも旧小千谷町の範囲だけしかお参りに回りません。
小千谷町が周辺の町村と合併して小千谷市になって60年が経つのですが、お寺の習慣は昔のままだったりします。

今では知ることがほとんど出来ないであろうことを、僧侶をさせていただくことで知ることが出来て、それはそれで嬉しいのですが、昔話の世界に生きているようで、なんだかしっくりこないところもあります。

今を生きるお寺でありたいなぁと思います。

ページトップへ戻る